InTime Agents のコツ

どのように異なるCPU速度を持つサーバーファーム内のInTimeAgentを起動出来ますか?

57 views May 23, 2016 November 7, 2016 Michael 0

はじめに:

(この資料は、Private Cloud構成でLSFまたはSGEを使用していない場合のみに適用されます。)サーバーファームでは、各サーバーのCPUはコア数、速度と機能の点で異なる場合があります。すべてのサーバーに対して、同じコンカレントジョブ制限を設定することは、負荷を分散させる最も効率的な方法ではないかもしれません。

詳細:

別のCPUとメモリの仕様を持つサーバーに、より多くのまたはより少ないInTime Agentを起動することが適切となり得ます。そのためには、Private Cloud Consoleで次のコマンドを実行します。これは、 InTime Agent へ の 新しい最大のConcurrent Run値を、2ハートビート(最大4分)で伝播します(Agentのステータスがその時に利用可能な場合のみ)。

user> .admin
admin> .global.set.maxrun=1

Proceed to set maximum concurrent run? ('y' for Yes or 'n' for No) [y]

admin.confirm> y

admin> .global.setting

+--------------------------+--------------------------------------------+
| SETTING                  | VALUE                                      |
+--------------------------+--------------------------------------------+
| File transfer port       | 39941                                      |
| Admin console port       | 39942                                      |
| File transfer method     | SFTP                                       |
| Server working directory | /home/intime/intimeserver/./plunify_server |
| Working Directory        | $USER_HOME/plunify/worker_jobs             |
| Concurrent job limit     | 1                                          |
| Log verbosity            | normal                                     |
| Timestamp                | 2015-06-03T06:06:15                        |
+--------------------------+--------------------------------------------+

ハイエンドサーバーでは、コマンドラインコンソールを開き、InTime のインストールディレクトリ に移動し ます。以下の例では、 サーバー上で起動されている 8つの InTime エージェントを 示しています 。注意すべき引数は--no_agent_limit

[user@super_server intime]$ ls
agent  CHANGELOG  fpgaaccel        intime.sh  jre1.6.0_45  misc  R       scripts             start_agent.sh  VERSION
bin    docs       intime_agent.sh  jre        license.txt  perl  README  start_agent_all.sh  translations    xkb.sh
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@super_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &

これは 8つのConcurrent Job制限で1つのInTime Agentを 起動 することに似ています 。しかし、すぐに1つのAgentがStrategyを完了すると、すぐに次のStrategyに進みますので、上記の方法が好ましいです。
次に、低スペックのサーバーにログオンする場合です。コマンドラインコンソールを 開き 、InTime のインストールディレクトリ に移動し ます。以下の例では、 サーバー上で起動されている 2つ のInTime Agentを 示しています 。

[user@lowend_server intime]$ ls
agent  CHANGELOG  fpgaaccel        intime.sh  jre1.6.0_45  misc  R       scripts             start_agent.sh  VERSION
bin    docs       intime_agent.sh  jre        license.txt  perl  README  start_agent_all.sh  translations    xkb.sh
CHANGELOG  fpgaaccel     intime_v1.3.2_64bit_linux.sh  license.txt  R     start_agent_all.sh  VERSION
[user@lowend_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &
[user@lowend_server intime]$ ./intime_agent.sh -mode background -platform minimal -no_agent_limit &

適用:

  • Linux Operating System
  • Windows Operating System

Knowledge Base ID: 6017 - Last Review: June 23, 2015 - Revision: 1.0

これは助けになりましたか?