InTime Agents のコツ

PHYCORE、CONCORE、MAXCORE、Concurrent Runsは何ですか?また、それはどのような影響を与えますか?

35 views May 23, 2016 November 7, 2016 Michael 1

はじめに:

PHYCORE, CONCORE, MAXCORE は、各InTime Agentに関連する値であり、Private Cloud Consoleの .cpu コマンドを 使用して示すことができます 。各Workerマシンは そこで実行している 1つ以上 のInTime Agentを 持つことができ ます。

user> .cpu

+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
| NO. | CLIENTID            | JOBID | USERID | STATUS | ALIVE | TYPE      | PHYCORE | CONCORE | MAXCORE |
+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
| 1   | user10_00505621E3EE |       | user10 | FREE   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 4       | 0       |
+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+

Concurrent Runs は、InTime GUIのPropertiesパネルで表示されるユーザープロパティです。

phycore_concore_maxcore_01

詳細:

PHYCORE は(読み取り専用)は、「physical core」の略です。それは、Workerが持っている物理CPUコアの数です。この値を変更することはできず、それぞれのマシンの固有値です。

CONCORE (ユーザー設定可能)は、「concurrent core」の略です。これは、Workerが一度に同時使用できるConcurrentコア数です。この値は、Agentが生成できるWorkerプロセスの最大数を設定します。CONCOREはPHYCOREよりも大きくすることはできません。 CONCOREを設定するには、Private Cloud Consoleを使用して、Admin モードで .global.set.concoreを使用して下さい 。CONCOREはあなたのWorkerマシンがあまりにもオーバーロードまたは非常に軽い状態で使用されている場合に変更する数字です。

MAXCORE (InTime サーバ ―によって設定されたユーザー読み取り専用 )は、「割り当てられた最大コア」の略です。これは、作業に取り組むWorkerが現在使用しているコアの数です。MAXCOREはCONCOREよりも大きくすることはできません。この値は、 InTime サーバー によって割り当てられ ます。WorkerのMAXCOREが2である場合、そのAgentが2つのリビジョンで作業するために2つのWorkerプロセスを作成したことを意味します。
Concurrent Runs (ユーザー設定可能)は、InTimeでユーザーが設定できるプロパティです 。この値は、特定の作業の同時コンパイルの数を制限します。例えば、ユーザーがConcurrent Runsを10に設定した場合、これは、Workerプロセスの最大数は10が上限と意味します。

シナリオ#1
  • 実行中のAgentの数:6
  • コンパイルするリビジョンが9個あります。
  • ユーザーがConcurrent Runsを9に設定します
  • adminユーザーが、CONCOREを2に設定します。
  • InTimeサーバーの優先順位:CORE

結果: COREに優先度を設定すると、次のAgentに進む前に、各Agentで使用可能なすべてのConcurrentコアを使用するようにサーバーに指示します。最後のAgentは、実行する任意のリビジョンを割り当てられません。

user> .server.properties

+-----+------------+---------------+-------+
| NO. | READ/WRITE | KEY           | VALUE |
+-----+------------+---------------+-------+
| 25  | R/W        | PRIORITY_FLAG | CORE  |
+-----+------------+---------------+-------+

user> .cpu

+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
| NO. | CLIENTID            | JOBID | USERID | STATUS | ALIVE | TYPE      | PHYCORE | CONCORE | MAXCORE |
+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
| 1   | user10_00124ED00AF1 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 2   | user10_0023FA093281 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 3   | user10_0034FD0911A2 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 4   | user10_0040128348EF | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 5   | user10_00505621E3EE | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 1       |
| 6   | user10_00889013FB11 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 0       |
+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
シナリオ#2

同じシナリオを考え、今回は、Workerにサーバー優先度を設定すると、InTimeサーバーは、ラウンドロビン方式ですべてのAgentに少なくとも1つのリビジョンを割り当てます。

結果:最後の3つのAgentは、1つのリビジョンをそれぞれに割り当てられます。

user> .server.properties

+-----+------------+---------------+--------+
| NO. | READ/WRITE | KEY           | VALUE  |
+-----+------------+---------------+--------+
| 25  | R/W        | PRIORITY_FLAG | WORKER |
+-----+------------+---------------+--------+

user> .cpu

+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
| NO. | CLIENTID            | JOBID | USERID | STATUS | ALIVE | TYPE      | PHYCORE | CONCORE | MAXCORE |
+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+
| 1   | user10_00124ED00AF1 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 2   | user10_0023FA093281 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 3   | user10_0034FD0911A2 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 2       |
| 4   | user10_0040128348EF | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 1       |
| 5   | user10_00505621E3EE | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 1       |
| 6   | user10_00889013FB11 | 8     | user10 | BUSY   | YES   | INTEL 2.7 | 4       | 2       | 1       |
+-----+---------------------+-------+--------+--------+-------+-----------+---------+---------+---------+

適用:

  • Linux Operating System
  • Windows Operating System

Knowledge Base ID: 7000 – Last Review: Jul 14, 2015 – Revision: 1.0

これは助けになりましたか?