InTime Server のコツ

LSFにcustom_logs_pathを追加する方法は?

54 views May 23, 2016 November 7, 2016 Michael 0

はじめに:

ログディレクトリは、ログファイルを格納するために使用されます。Linuxのデフォルトディレクトリは/home/<username>/.plunify/<username>_<mac>/log. Windows環境ではC:Users<username>.plunify<username>_<mac>log. ディレクトリのサイズは、時間が経つほど増えていきますので、定期的な掃除をお勧めします。一部のITポリシーは、ユーザのホームディレクトリのディスク容量を制限することがあります。

詳細:

新しいディレクトリにログディレクトリを変更する前に、ここではそれが正しく動作するようにするためのいくつかのヒントを紹介します。

  • セッションディレクトリのための推奨される最小ディスク容量は10ギガバイトです。
  • ユーザーは、新しいディレクトリへの書き込み権限を持っている必要があります。
  • 新しいディレクトリは十分なディスク容量を持っている必要があります。
  • 推奨ディスク容量は参考のためにあることにご注意ください。ディスクスペースは、プロジェクトやInTime Agent数に応じて変わります。

Private Cloudコンソールで、コマンドを実行します。

サーバーの管理コンソールを開き、(ステップ2.2管理コンソールを起動) 、.global.set.client_action コマンド を 使用 します 。次の例では、bsub アクション例を追加する方法を示しています   。

user> .admin

admin> .global.del.client_action=1
Proceed to delete selected client? ('n' for No or 'y' for Yes) [n]

admin.confirm> y
admin> .global.set.client_action

Enter action type, use .end to exit session.
Types: ('1' for for Job Initialization) [1]

admin.type> 1

Enter Operating System, use .end to exit session.
Operating System: ('1' for Linux, '2' for Windows) [1]

admin.os> 1

Enter script to execute, use .end to exit session.

admin.exec> bsub

(Optional) Enter script arguments, use .end to exit session.

admin.args> ${USER_ARGS} ${INTIME_HOME}/intime_agent.sh -custom_logs_path /mnt/intime/log
-mode background -platform minimal -ip ${INTIME_SERVER} -comport ${INTIME_PORT}
-remote_job ${REMOTE_JOB_ID} -max_runs ${AGENT_MAX_RUNS} -no_agent_limit

Enter trigger base on the type, use .end to exit session.
Triggers: ('1' for Single, '2' for Revision, '3' for Concurrent Runs) [3]

admin.trigger> 3

(Optional) Enter working directory, use .end to exit session.

admin.directory>

Enter option to abort job if fail, use .end to exit session.
Abort job if fail: ('1' for yes, '2' for no) [1]

admin.option> 1

Enter a number where script will be executed, 0 first to be executed, use
.end to exit session. [4]

admin.order> 0

Action Type       : init
Operating System  : linux
Execute           : bsub
Arguments         : ${USER_ARGS} ${INTIME_HOME}/intime_agent.sh -custom_logs_path /mnt/intime/log
-mode background -platform minimal -ip ${INTIME_SERVER} -comport ${INTIME_PORT}
-remote_job ${REMOTE_JOB_ID} -max_runs ${AGENT_MAX_RUNS} -no_agent_limit
Trigger type      : con_runs
Working Directory :
Abort job if fail : 1
Order             : 0

Save to session? ('y' for Yes or 'n' for No) [y]

admin.confirm> y

Add more client settings? ('y' for Yes or 'n' for No) [y]

admin.confirm> n
admin>

適用:

  • Linux Operating System
  • Windows Operating System

Knowledge Base ID: 6015 - Last Review: Jun 11, 2015 - Revision: 1.0

これは助けになりましたか?