コンフィギュレーション

グローバル設定ファイルを編集して、すべてのユーザーのFPGA Toolchainの設定を変更/削除/追加するには?

121 views August 10, 2016 November 7, 2016 Michael 0

はじめに:

正しい設定でInTimeを実行するには、グローバル設定ファイルの編集を必要とする場合があります。

詳細:

plunify.settings ファイルを 検索 します。Linux上では<InTimeServer directory>、Windows 上では <InTimeServer directory> にあります。

設定はJSONファイル形式です。設定は次の例のようです:

オリジナル 

"toolchains": [
{
"os": "Linux",
"vendor": "Altera",
"toolchain": "QuartusII",
"path": "/mnt/opt/Altera/15.1.0/quartus",
"license_file": "1234@samplelicenseserver.com"
},
{
"os": "Linux",
"vendor": "Xilinx",
"toolchain": "Vivado",
"path": "/mnt/opt/Xilinx/Vivado/2014.2",
"license_file": "1234@samplelicenseserver.com"
}
],
"timestamp": "2016-06-24T17:15:50"

新しいToolchainブロックをコピーして貼り付けます。 「Path」と「license_file」の値を編集します。 以下は、既存のファイルに新しいFPGAソフトウェア(QuartusII 16.1)を追加する方法の例です。

アフター

"toolchains": [
{
"os": "Linux",
"vendor": "Altera",
"toolchain": "QuartusII",
"path": "/mnt/opt/Altera/15.1.0/quartus",
"license_file": "1234@samplelicenseserver.com"
},
{
"os": "Linux",
"vendor": "Altera",
"toolchain": "QuartusII",
"path": "/mnt/opt/Altera/16.1/quartus",
"license_file": "1234@samplelicenseserver.com"
},
{
"os": "Linux",
"vendor": "Xilinx",
"toolchain": "Vivado",
"path": "/mnt/opt/Xilinx/Vivado/2014.2",
"license_file": "1234@samplelicenseserver.com"
}
],
"timestamp": "2016-06-24T17:15:50"

情報を追加したら、ファイルを保存します。エラーがあるか、 以下のコマンドを使用して、 確認してください。

telnet 127.0.0.1 39942
user> .admin
admin> .global.settings
admin> .global.toolchain
admin> .global.refresh

適用:

  • Linux Operating System
  • Windows Operating System

Knowledge Base ID: 181820 – Last Review: Jun 30, 2016 – Revision: 1.0

これは助けになりましたか?